思いを詠む短歌

茜さす君の恋しき歌声と そっと暮れ行くあをやかな空


魂夫のタクミさんは

めっちゃ歌が上手で

声も

めっちゃ素敵です(*^ワ^*) 


学生の頃はバンドを組んで 

フジロックフェスティバルなんかに

参加していたようです♪

若い笑


最初に電話で声を聞いた時に

どきっとした甘い、

例えるとキャラメルっぽい声(*^^*)


ギターを鳴らしながら

口ずさんだりする姿は

やっぱり素敵だったな。


茜色の夕日が彼の遺影に差し込む頃

まるで彼の愛しい歌声が聞こえてくる様で

その向こうに言える空は

だんだん暮れ行く中、

爽やかに青々しくもあり

そして透明で冷たく広がっている。


どれだけ耳をすまして

まるでもう二度とその声が

この耳では聞こえないことを

知っているかの様に。






0コメント

  • 1000 / 1000